水道詰まりの修理を自分でするときの注意点

使った水が流れにくくてシンクや洗い場などにたまってしまう、水が流れる時に奥の方から変な音が聞こえる、排水管から嫌なにおいがしてくさいなどの症状がある場合には、水道詰まりが起きています。水道詰まりの原因は、石鹸カスや皮脂、髪の毛、カビなどいろいろな物がまじりあってぬめりになって排水管の内側にべったりと付着してしまっていることで、汚れの上に汚れが重なり、流れてくる次の汚れが引っかかってさらに蓄積していくという具合に徐々に悪化していくのが普通です。水道詰まりを自分で修理したい場合には、市販の洗浄剤を投入したり、ブラシを排水管に入れて洗ったりすることになります。一時的には水が流れるようになる場合も多いのですが、汚れが取れたというよりは隙間ができたと考える方が無難です。

修理を依頼したくても仕事の都合ですぐにできない、見積もりを取ってから依頼したいなどの場合には自分で修理をしてみて、時間かせぎをするのも良いと思いますが、自分で修理をしようとした結果、水を流してあふれてしまうということもあるので注意が必要です。水道詰まりは、洗浄剤やブラシが届く範囲で起きていることもあるのですが、たいていは一部分だけではなく奥の方まで汚れが付着しています。汚れ防止に普段から洗浄剤やブラシで汚れの蓄積を最低限に抑えながら、水道詰まりがある場合には、奥の方まで高圧洗浄など専門の器具を使ったクリーニングをしてもらうことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です