ウォーターサーバーを導入するときは違約金をチェック

自宅でいつでも好きなときに、美味しい天然水を飲めるということで人気のウォーターサーバーですが、月々にかかる料金や、サーバーのデザインだけで選ぶ人が少なくありません。意外と見落としがちなのが違約金なので、ウォーターサーバーを導入する前にチェックしておくことをおすすめします。ウォーターサーバーはそれぞれの業者によっては契約期間というのが定められています。ホームページや資料請求を行うと、カタログにも書いてありますが、早期解約時は違約金を払わなければならないので、契約後に気に入らなかったといってすぐにやめると、請求されるので気を付けましょう。

契約期間を過ぎたら、違約金は発生しないので、余分なお金を払いたくないなら、その日が来るまでは続けることが大切です。知らなかった場合は違約金を請求されたときに不快な思いをするので、契約する前にきちんと調べておくようにしたいですね。ウォーターサーバーの最低契約期間というのは、大体1年~2年なので、そのあいだは続けるようにしてください。契約期間がない業者もありますが、その場合は一定以上を利用しなければならず、満たないときに解約金や返送料金が発生するので注意が必要です。

買取サーバーの場合は、購入時の支払い方法が分割払いで、残高が残っていると、解約時に一括請求されるので、払わなければなりません。ウォーターサーバーを使用したいときは、契約内容を頭に入れてから、始めるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です