浄水器の価格は機能性により

安全だと言われてきた水道水にその安全性にも一抹の不安があり、それも現在成人の2人に1人が罹患すると言われている命に関わってくる病気のがんが発現する原因となるとも言われている物質の存在が分かってきたのです。水の安全性を保つために塩素が入っていることは知られていますが、その塩素が川や湖の原水に含まれている成分と化学反応を起こし生成されるトリハロメタンは発ガン性があることは分かっています。それを除去することができる浄水器が家庭に設置する人が増えてきているのです。浄水器と一口にいってもその価格を見ると多様にあり、どれを選べばいいのかと悩んでしまいます。

価格で考えてて1番安価と言えるのは蛇口直結型で、蛇口に直接取り付けるタイプの浄水器で直接取り付けるために設置がとても簡単でコンパクトということで邪魔にならないものとなります。ただカートリッジが小さいことから交換時期が早いのとフィルターの除去能力は高くないです。健康を考えて本格的な浄水機能を持つものを望む場合はキッチンのシンクの上に置く据え置きタイプがあります。有害物質の除去性能が高いものが多くフィルターの寿命が長いのも特徴でランニングコストの面でも安心で、浄水だけでなく調理などに便利に使える軟水を生成できるものや体に良いと言われるアルカリイオン水ができる機能をつけたものなどがあり、健康と味の両方が望めます。

本体価格は蛇口直結型に比べるとやや高額となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です